会員登録不要!

■本当に老後に2000万円必要なのか?

 突然ですが、「老後2000万円問題」をご存知でしょうか。

 2019年に発表された調査で、老後の生活には2000万円の貯蓄が必要である、という内容です。
(参照:金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 『高齢社会における資産形成・管理』 https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

いきなり2000万円という具体的な数字が出てきましたが、この数字はどこから出てきたのでしょうか。報告書の内容から概算してみると

(月額の支出)25.5万円-(年金中心の収入)20万円
=(1ヶ月に必要な額)-5.5万円

これを12ヶ月分×30年ということで、-1980万のマイナス、すなわち定年退職以降30年を過ごすとなると2000万円の貯蓄が必要になる、という算段になるようです。もちろんこの生活費は最低限のものであるので、より余裕のある時間を過ごすためにはより多くの貯蓄が必要になることになります。

 それに対して、現在の退職金の金額は年々低下しており、平均では2000万円に届いていません。現状、戦略的な資産形成なしでは老後の生活に不安を覚えることになるかもしれません。

■人生100年時代、快適な暮らしには貯蓄がいる

 現代は人生100年時代と呼ばれるように、医療の発展により寿命がかなり伸びています。この点に関して著名な書『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』においては「1967年生まれの日本人の2人に1人が92~96歳まで生きることになる」といわれています。つまり、今のミドルシニア世代、特に40-50代にとっては、現在はまだまだ人生の中間地点であるということになります。

 先に述べたように、一般的な退職金と年金に頼りきりでは、とても豊かな老後生活が保証されているとは思えない状況にあります。また、そもそも年金制度を支える若手世代の少子高齢化が深刻化している現状、年金制度がいつまで健全に保たれるか、という前提の部分からも覆されかねません。

■ミドルシニア世代が今すべきなのは…

 では、このような「残り50年」を生きる上で、ミドルシニアがとるべき行動は何でしょうか。答えは簡単で、働いて資産形成をすることです。もちろんつみたてNISAやiDECOといった、どの家庭でも扱えるような資産形成方法も徐々に普及してきていますが、まずはその元手を十分に稼がなければなりません。

 現状追い風として、シニア世代の成果主義に基づく再雇用や、定年の延長・撤廃といった動きが、政府や企業を通じて行われています。
(ミドルシニアの成果主義に関するコラムはこちら)
https://senior-navi.work/contents/interview/interview04/

 このようなミドルシニア世代の働き方の変革の最中において、副業や転職といった形で自分に適した仕事を見つけ、スキルを身に着けることが、老後を豊かにする上で、現状取り組むべきことになるでしょう。