会員登録不要!

 現在、新型コロナウイルスが猛威を奮っており、多くの労働者の「働き方」、「働きがい」に大きな影響を与えました。ミドルシニア層に関しても同様に影響を受けています。そこでコロナ禍でミドルシニアに人気な職業をランキング形式※でお知らせいたします。転職や副業を考えている方、共働きとして家計を一緒に支える方など、本ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 ※2020年2月〜2021年2月の「ミドルシニアお仕事ナビ」の応募数を集計しております。

■第1位:飲食(調理・調理補助)

コロナ禍に人気な職業第1位は、飲食(調理・調理補助)でした。新型コロナウイルスの影響で、飲食店における営業時間の短縮など影響を大きく受けている一方、「おうち時間」の充実によりスーパーや給食の加工現場での需要が増加し、それに伴い求人が増加しています。労働者としても飲食店からの「転職のしやすさ」が、人気の1つではないでしょうか。

「飲食(調理・調理補助)」に関する求人はこちら!
https://senior-navi.work/?jobCategories=26

■第2位:警備(交通誘導)

そして、第2位は警備(交通誘導)でした。工事現場に派遣されて、人を誘導して安全を守る仕事です。イベント現場の警備は新型コロナウイルスの影響で例年よりも少なくなってしまいましたが、工事はコロナの影響で求める子ことができないので工事現場はコロナウイルスの影響をあまり受けない場合が多く、警備員のお仕事はそういった面で安定した収入を得ることができる仕事として有名です。そして、勤務中にソーシャルディスタンスが確保できる点なども評価されてます。

「警備(交通誘導)」に関する求人はこちら!
https://senior-navi.work/?jobCategories=1,26

■第3位:構内作業/軽作業

第3位に選ばれたのは、構内作業/軽作業でした。コロナ禍で物流の需要が増加しています。それにより例えば倉庫において人材不足が叫ばれている状況です。一方で倉庫内など1人で黙々とする仕事は感染リスクも抑えることができ、今魅力的な仕事の1つになっているのではないでしょうか。

「構内作業/軽作業」に関する求人はこちら!
https://senior-navi.work/?jobCategories=19

■第4位:清掃

第4位は清掃作業員です。先日「コロナ禍における清掃業の実態調査」を実施したところ、現在は人々の外出が減ったことによって、「清掃する手間が以前より軽くなった」「普段取りきれなかった場所まで清掃作業ができた」など、働きやすさが向上しているようです。他にも「コロナ禍が終わった後も続けたい」と回答している人が9割以上いることなど含めて非常に検討の価値がある仕事であると言えるでしょう。

「清掃」に関する求人はこちら!
https://senior-navi.work/?jobCategories=4

■第5位:事務(一般・受付)

第5位は事務という結果になりました。事務や受付のお仕事のメリットとしては、やはりビジネスパーソンの方々が副業を始めたり、定年退職後の体力に自信のない方でも働くことができることが人気の要因になっているといえるでしょう。

「事務」に関する求人はこちら!
https://senior-navi.work/?jobCategories=22

■まとめ

 ランキング結果として、事務や経理などのように、自分が所属している企業に貢献するような仕事よりも、社会に対して貢献するようなサービス業がランキングの上位に集まっているような結果となりました。

 また、以前「警備員の働きがい」に関する調査を行いました。警備員の仕事がこのコロナ禍においてとても人気な職業となっています。なぜ警備員の仕事が人気かがわかる記事となっていますので、よければこちらも一緒にご参照ください。
(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000051721.html)