会員登録不要!

ミドルシニアお仕事ナビ(https://senior-navi.work/)を運営する株式会社 大成広告社(所在地:東京都中央 区、代表取締役社長:木谷 泰夫)は、2020年2月以前から清掃業に従事している人108名を対象に、コロナ禍における清掃業の実態調査を実施しました。

調査概要

調査概要:コロナ禍における清掃業の実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年2月16日~2021年2月16日
有効回答:2020年2月以前から清掃業に従事している人108名

外出自粛に対し、「悪影響はない」と回答した清掃業者は63.9%

「Q1.あなたが、清掃業を行う中で、コロナ禍の外出自粛の影響は、どのように変化を与えましたか。」(n=108)と質問したところ、「非常に働きやすくなった」2.8%、「少し働きやすくなった」7.4%、「変化は一切ない」53.7%という回答になりました。

  • 非常に働きやすくなった:2.8%
  • 少し働きやすくなった:7.4%
  • 変化は一切ない:53.7%
  • 少し働きにくくなった:28.7%
  • 非常に働きにくくなった:7.4%

外出自粛で働きやすくなった理由「勤務場所の人の出入りが減り清掃場所の汚れが減ったため」の声9割超

Q1で「非常に働きやすくなった」「少し働きやすくなった」と回答した方に、「Q2.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=11)と質問したところ、「勤務場所の人の出入りが減り清掃場所の汚れが減ったため」が90.9%、「普段より早く清掃が終わるようになったため」が36.4%、「勤務場所の人の出入りが減り静かになったため」が27.3%という回答となりました。

  • 勤務場所の人の出入りが減り清掃場所の汚れが減ったため:90.9%
  • 普段より早く清掃が終わるようになったため:36.4%
  • 勤務場所の人の出入りが減り静かになったため:27.3%
  • 仕事量自体がコロナ前よりも減少したため:27.3%
  • 勤務場所の人の出入りが減りコミュニケーションが減ったため:18.2%
  • その他:9.1%
  • わからない/答えられない:0.0%

他の理由「清掃場所である公共施設自体が時短になったため。」や「普段、汚れが取れきれなかった部分の清掃がしやすくなった」など

Q1で「非常に働きやすくなった」「少し働きやすくなった」と回答した方に、「Q3.Q2で回答した以外で、働きやすくなったと感じる理由や場面があれば、自由に教えてください。」(n=11)と質問したところ、「清掃場所である公共施設自体が時短になったため。」や「普段、汚れが取れきれなかった部分の清掃がしやすくなった」など8の回答を得ることができました。

    <自由回答・一部抜粋>

  • 59歳:清掃場所である公共施設自体が時短になったため。
  • 57歳:汚れやゴミが少なくなったので、体の負担が減ってらくになった。
  • 52歳:殆どの社員がリモートワークになった為、汚れやゴミが少なくなった。
  • 52歳:出勤者が減ることで感染のリスクも減り、その点でも働きやすかったです。
  • 49歳:普段、汚れが取れきれなかった部分の清掃がしやすくなった
  • 46歳:人の出入りが少なくなったり、屋内で滞在するのをやめて外でされるため、清掃しやすかった
  • 56歳:通勤電車の混雑が無くなり、座れることも増えたから

コロナ流行前と比較して、清掃中「今まで見えていない部分が見えて発見がある」「人目をあまり気にせずで仕事ができて快適」などの感情の変化あり

「Q4.あなたが、清掃業を行う中で、新型コロナ流行前と比較して、仕事をしていて感情的にどのような変化を感じますか。」(n=108)と質問したところ、「今まで見えていない部分が見えて発見がある」が13.0%、「人目をあまり気にせず仕事ができて快適」が11.1%という回答となりました。

  • 今まで見えていない部分が見えて発見がある:13.0%
  • 人目をあまり気にせず仕事ができて快適:11.1%
  • 仕事が減って、一箇所にかける思いが向上した:11.1%
  • 一緒に仕事をする人が減って寂しい:8.3%
  • 周りに人が少なくて孤独感を感じる:5.6%
  • 変化は一切感じない:45.4%
  • その他:13.0%
  • わからない:5.6%

93.5%の清掃業者が、「コロナ収束後でも清掃業を続けたい」と回答

「Q5.あなたはコロナ禍が収まった後でも清掃業を続けていきたいと思いますか。」(n=108)と質問したところ、「かなりそう思う」が27.8%、「そう思う」が65.7%という回答となりました。

  • かなりそう思う:27.8%
  • そう思う:65.7%
  • そう思わない:2.8%
  • 全くそう思わない:3.7%

清掃業を続けたい理由「仕事が定期的にあるから」が58.4%で最多

Q5で「かなりそう思う」「そう思う」と回答した方に、「Q6.清掃業を続けたい理由を教えてください。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、「仕事が定期的にあるから」が58.4%、「コロナによる影響をあまり受けていないから」が35.6%、「残業がないから」が29.7%という回答となりました。

  • 仕事が定期的にあるから:58.4%
  • コロナによる影響をあまり受けていないから:35.6%
  • 残業がないから:29.7%
  • やりがいを感じているから:27.7%
  • 感謝してもらえる仕事だから:21.8%
  • その他:18.8%
  • わからない/答えられない:0.0%

清掃業のおすすめポイント「運動不足が解消できる」や「人とのしがらみなく働ける。」

「Q7.もしあなたが現在仕事に困っている同年代に清掃業をおすすめするとしたら、どのような点を勧めますか。」(n=108)と質問したところ、「運動不足が解消できる」や「人とのしがらみなく働ける。」など92の回答を得ることができました。

    <自由回答・一部抜粋>

  • 53歳:仕事は次から次へとあるから失業することがあまりない。
  • 51歳:時給がいいところ。
  • 51歳:人とのしがらみなく働ける。
  • 56歳:単純で覚えやすい仕事である。
  • 52歳:体を動かす仕事なので、運動不足の解消にはなると思います。
  • 52歳:かなり高齢な方でも仕事を続けていける。
  • 56歳:綺麗になると気持ちも前向きになる。
  • 40歳:自分の家を掃除する時に技術を活かせる。

まとめ

今回の調査では、2020年2月以前から清掃業に従事している清掃業者を対象に、コロナ禍における清掃業の実態調査を実施しました。


 結果として、外出自粛での悪影響は、6割を超える清掃業者にはないことが明らかになりました。むしろ「働きやすくなった」と回答した人に理由をきいてみると、「勤務場所の人の出入りが減り清掃場所の汚れが減ったため」の声が9割以上の清掃業者から聞かれ、「清掃場所である公共施設自体が時短になったため。」や「普段、汚れが取れきれなかった部分の清掃がしやすくなった」などの回答も見受けられました。


 「コロナ禍が終わった後も清掃業を続けたいか」という質問に対しては、93.5%の清掃業者が、「続けたい」と回答しています。その理由としては「仕事が定期的にあるから」が58.4%で最多。その他にも「運動不足が解消できる」や「人とのしがらみなく働ける。」などの回答が多数集まりました。


 清掃業は比較的高齢でも仕事を受注することができます。定年後の運動、地域貢献の観点からも清掃業はうってつけかもしれません。

次の記事を見る前の記事を見る