会員登録不要!

履歴書、職務経歴書の書き方例

履歴書、職務経歴書を記入する上での基本ルールとポイントをご紹介します。
各書類のテンプレートもダウンロードできますのでご活用ください。

履歴書の書き方

  1. 面接に持参する場合は、面接日を、郵送する場合は、投函する日を記入します。
  2. 3ヶ月以内に撮影した写真を使用します。携帯電話で撮影した写真はNGです。
    書類選考中、万一剥がれてしまった場合に備え、貼る前に写真の裏に氏名を記入しましょう。
  3. 氏名はフルネームで、ふりがなは履歴書の書き方に合わせます。
    (「ふりがな」と書いてある場合はひらがな、「フリガナ」と書いてある場合はカタカナで記入します)
  4. 都道府県、郵便番号、建物名は省略せずに記入します。
    連絡先は現住所と異なる場合のみ記入します。
  5. 1行目中央に「学歴」と記入します。
    学校名・学部名・学科名は省略せず、正式名称で記入します。
  1. 1行空けて、学歴と同様に「職歴」と記入します。
    (株)など省略せず、正式名称を記入します。
  2. 習得に向け勉強中のものがあれば、取得予定時期とあわせて記入しておくとよいでしょう。
    取得時から、資格名称が変わっている場合は、取得時のものを記入します。
  3. 具体的な志望動機を記入します。経験に基づいた動機の方が良いでしょう。
    趣味や特技は面接で話題にあがる場合もあるので、しっかりアピールしましょう。
  4. 待遇面に影響することがあるので現在の状況を正確に記入します。
  5. 募集要項に書かれている条件で問題無ければ「貴社規定に従います」と記入します。
    募集職種が多い場合は、希望職種を記入します。
ポイント・注意点
  • 履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一しましょう。
  • 間違えた場合は修正液など使用せず、書き直します。
  • 証明写真撮影時の服装は、男性はスーツ、女性はブラウスなどフォーマルな格好が良いでしょう。
    また、好印象を与える表情を心がけましょう。
履歴書のテンプレートをダウンロードする

職務経歴書の書き方

  1. 面接に持参する場合は、面接日を、郵送する場合は、投函する日を記入します。
    その下に住所・氏名・連絡先を明記します。
  2. これまでの職務経歴を簡潔にまとめて記入します。
  3. これまでの職務経歴を具体的に記入します。複数ある場合は、全ての職務経歴を記入しましょう。
  4. 自己PR部分には、資格やスキル・語学などのレベルや使用年数を具体的に記入します。
    使用ツールやPCソフトのほか、業務に必要なツールのレベルを記入します。
ポイント・注意点
  • 「入社後、自分がどう役に立つのか」を、具体的に記入しましょう。
  • 企業のニーズを把握した上で記入すると、さらに良いでしょう。
履歴書のテンプレートをダウンロードする